2016/08/18

ユニフォームやチーム設定などの編集部分を拡大した! 『ウイイレ2017 Edit mode』を公開!!@指蹴

   
edxito.jpg

エディットモードが大きく進化!これまで以上にユニフォームやチーム設定などの編集の幅が広がった!

PS4®では、画像取り込みの際に低解像度を選択することで、作成枚数がこれまでよりも約4倍に!

また、USBに取り込めば、友達や世界中のユーザーが作成したユニフォームやチームデータを一括で取り込む事ができ、チームを選択しての取り込みも可能に。


□ユニフォームエディット


▼取り込み画像の解像度変更(PS4®のみ)
取り込む画像の解像度を選択できるようになり、低解像度を選択することで
画像の取り込み枚数の上限が増加。
 

(高解像度2048×2048を低解像度1024×1024 にすることで、ユニフォーム1,000枚程度まで作成可能)

▼マーキングネームウイイレ2016ではKIT制作にあたり、スポンサーロゴ下に胸番号に対しての位置関係不具合や特殊な場所の胸番号位置などに制約がありましたが、ウイイレ2017ではユニフォームの胸番号・パンツ番号は縦横位置や大きさが調整可能 ネーム・背番号は縦位置、大きさを調整可能に!!*あくまでもイメージ映像ですのでご了承下さい。

sannkouzu.png
sannkouzu2.png


▼襟 
襟の種類が4種類から13種類に増加(*1~3は2016と同様)
襟デザイン


▼ベースカラー
ユニフォーム画像取り込み後もユニフォームのベースカラーを変更可能に
ベースカラーを変更することでインナーの色や、試合中のレーダーの色に
反映される。


□チームエディット


▼実況都市名 
実況用の都市名を大幅に追加(*他にも日本、海外の主要都市の実況は増えてます)
実況_国名
さらに、myClub内でも自分のチームの実況名を変更可能(「実況なし」を選択することも可能)


▼チームカラーの設定
 チームカラーとユニフォームのベースカラーを個別に設定出来る
 チームカラーはゴールネット、横断幕、観客の色などに反映


▼チームデータの一括取り込み(PS4のみ)
エディットされたユニフォームや選手データを、USBを通じて一括インポートが
可能 ただしエクスポートは1チームづつ (チームを選択して反映も可能)

※画像データの取り込みにはPSNにアクセスが必要


□ホームスタジアム設定


▼スタジアム画像 (画像はマッチメニューで表示される)*PS4®のみ
sutajiamu3.png
ホームスタジアムの画像を変更可能。取り込んだ画像を設定できる。*ウイイレ2016エキシビションマッチ画像使用gannba.png

▼ゴール、ゴールネット 
ゴール形状を2本吊り~5本吊りまで選択可能
ゴール形状変更ゴールネットを四角形と六角形の2パターンから選択可能


□選手エディット


▼下部組織選手のエディット
 マスターマスターリーグを開始した時に登場する 欧州・南米・アジアのクラブチームの下部組織の選手のエディットが可能(選手の編集のみ)


□監督エディット


▼監督の移籍
kanntoku.png
これまで主にイタリアのクラブチームや一部ナショナルチームなどに紐付いていた監督は、個別に設定出来るようになり ”解任・辞任” した後 違うクラブに就任した時に監督の移籍が可能になる。監督_移籍


□データの取り込み方法(PS4®のみ)
USBメモリのWEPESを名前に含むフォルダ内に保存した画像データをインポート


以下の条件を満たす画像ファイルをロードできます。
解像度:64×64~2048×2048pixels / 対応フォーマット:JPEG、PNG

□画像データ取り込み(インポート)(PS4®のみ)
 
ユニフォーム(大):2048×2048
 ユニフォーム(小):1024×1024
 チームエンブレム:256×256
 大会エンブレム:256×256
 監督写真:256×256
 スタジアム:1024×512

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ 記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらのバナーのクリックもよろしくお願いします。
WE_FootBallStyle@指蹴 @WENET_TOMO
       
こちらでもウイイレ情報を呟いているのでフォローお願いします。

[広告]
   

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

>エディットだけでも楽しめそうですね。



名無しさんこんばんは!! 


今回はエディット部分は2016より充実した仕様になっているのは間違いないですので楽しめると、私も同じ様に感じています。

また公開していないフェイスなどがどのようになっているか、気になりますが改善はされていると期待しています。

エディットだけでも楽しめそうですね。