2017/06/08

KONAMIとマラドーナ氏が2020年までのライセンス契約を締結!!今後KONAMIサッカーゲームに登場予定@指蹴

   
konami.png
マラドーナが自身の肖像権をコナミが制作したビデオゲーム(ウイニングイレブン)で侵害していると言う事を発端に起きた


コナミ、マラドーナ問題!!


既に海外メディアではコナミ側が100万ドル(約1億1000万円)の契約金を払うと言う事で問題の終結を報じていました。
コナミ側からの「コナミ、マラドーナ問題」に対してのコメントは出ていませんでしたが、6月7日 株式会社コナミデジタルエンタテインメント公式ウェブサイトで


ディエゴ・マラドーナ氏と2020年までのライセンス契約を締結

した事を発表した。


公式リリース

>KONAMIサッカーゲームにディエゴ・マラドーナ氏が登場
― 2020年までのライセンス契約を締結 ―

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、元アルゼンチン代表のサッカープレイヤー、ディエゴ・マラドーナ氏と、2020年までのライセンス契約を締結したことをお知らせいたします。

弊社では、世界累計販売本数9,630万本(2017年3月末時点)を超え、多数の実在するサッカープレイヤー(最新作では1万人以上)が登場する家庭用ゲーム「ウイニングイレブン」(海外名:Pro Evolution Soccer)シリーズのほか、モバイルゲーム『ワールドサッカーコレクションS』(海外名:PES COLLECTION)や、『ウイニングイレブン クラブマネージャー』などを展開しており、マラドーナ氏には今後KONAMIサッカーゲームのさまざまなシーンで活躍いただく予定です。詳細については今後、各商品の公式サイト等を通じてお知らせしていきます。

今後もコナミデジタルエンタテインメントは、サッカーコンテンツを通じて、世界中の皆さまにゲームの楽しさをお届けしていきます。

この問題の解決でウイイレ2018ではマラドーナ氏が何らかの形で登場することが考えられますので期待したいですね。


それでは!!また

参考資料
マラドーナの“ウイイレ訴訟”が決着 コナミと1億円超で契約、一部を母国に寄付へ
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ 記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらのバナーのクリックもよろしくお願いします。
WE_FootBallStyle@指蹴 @WENET_TOMO
       
こちらでもウイイレ情報を呟いているのでフォローお願いします。

[広告]
   

コメント

非公開コメント